10組のカップル(?)が成立しました

突然何?というタイトルで失礼します。

前回の記事「いろんな目の形のキャラクターを描いてみよう」に詳細は書いていますが、
「男女各10人ずつのキャラクターでペアを組んで各ペアから連想されるストーリーを1コマ描く」という遊びをしていました。

キャラクターと組み合わせはこのような感じに👇

各キャラの世界観や性格などのイメージは自分の中でそれなりに固まっていました。
でもそれに引きずられて自力でペアを組むのをかえって難しくしてしまい、あみだくじで決めたのが3枚目の画像。

この2人がどうやって出会ったというのか? 運命のいたずらってこういうこと? と激しく悩みながらも、めでたく10組の楽しいカップルが成立しました👏

いろんな目の形のペア

それぞれの関係性というかとても簡単な(雑または浅いともいう)設定のようなものはこちら👇

いろんな目の形のペア

どうやったらこの2人が出会うんだよ? 接点がまったく見出せんぞ? おぉん???

という具合に本当に悩みに悩みましたが、現実でも元は接点も共通点もない人同士が出会うのはなにも特別なことではないんですよね。異業種交流会とかまさにそう。
二者の間に共通点を見つけたり無理に作ろうとするのが自由な発想を妨げることもある。そう気づくことができたとても有意義な遊びでした。

いやあ楽しかった。描いてよかった! 生まれてきてくれてありがとう。

各ペアのもっと詳しい説明というか言い訳のようなものもたくさんあるんですが、いざ書いてみるととんでもなく長くなりそうだったのでこのイラストに関してはひとまずこの辺で。
機会があればまたあらためて詳しい記事を書こうと思います。